若手OLがいきなり会社の経理をまかされる
ベルダバナー

新刊ご案内:特設ページ

若手OLがいきなり会社の経理をまかされる

 社員30 人ほどのスイーツ製造・販売会社の経理担当者が突然退職、次期担当者に白羽の矢がたったのが、OL 経験3 年半の経理どシロウト夏野日葵(なつのひなた)さん。日葵さんは、独学での勉強だけでなく、前任者や顧問税理士のアドバイス、セミナーなどへの参加など、周囲のサポートを得て、一人前の経理担当者へと成長していきます。
 若手からベテランまで、どなたでも気軽に“経理の世界”に入っていけるようコンパクトにまとめたストーリー仕立ての入門書です。

著者:林忠史 , 監修:NMR経営実務研究会 / 1,400 円 / 書店様用申込用紙
特集ページ:経理の仕事がイロハから学べるビジネスライトノベル! これが一番やさしい入門書です!「若手OLがいきなり会社の経理をまかされる」

 弊社新刊「若手OLがいきなり会社の経理をまかされる」の特設ページです。
当ページよりご予約・ご注文受け付けます。書店担当者様用注文書もご用意しております。

ストーリー

(前略)
「夏野クン!」
それはこの会社で一番エライ人、社長の声だった。おそるおそる顔をあげた日葵の前に、背はあまり高くない眼鏡の大男が腕を組んで立っていた。そしてその口から、再び大声が飛び出し日葵を襲った。
「君、明日から経理やってくれ!」
「はぁ?」
間の抜けた声で応じる日葵にかまわず、大声の主は続けた。
「経理の山口春乃君が退職することになった。で、その後は君にやってもらう」
「えぇぇ? 山口さん辞めちゃうんですか?」
「なんでも親御さんの介護が忙しいとかで、実は前から辞めたいと言ってたんだよ。でもね、君も知る通り、この渡辺大介! 創業以来この10年、菓子作り一本! 経理のことなど皆目わからない! ちんぷんかんぷんだ!」
「はぁ…(自慢になるかよ)…」
「だから、山口君には、なんとかだましだまし今まで続けてもらっていたんだが、それも限界でね。今日、辞めても良いって言わされちゃったんだ! あっはっは!」
「…それはぁ…なんとも」
「で、山口君に、あとどうしようかって相談したら、君の名前が挙がったんだよ!」
「でへぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?なんでですかぁぁぁぁぁ?」
「君、後輩だって言うじゃないの! 山口君の! 商業高校卒業だったよね! だから大丈夫だよね! しかも、あの山口君が名を挙げるんだから、間違いないよね!」
(……後略)

…というわけで、突然経理担当に転属させられた夏野日葵(なつのひなた)。先輩の春乃さんや税理士の指導、経理セミナーなどへの参加を通じて、イチから「経理の仕事」を学んでいきます。果たして2ヶ月で「決算書作成」まで到達するのでしょうか?

本書の特徴

  • どこの会社でも必要な仕事でありながら、以外と取り上げられていない「経理の実務」をテーマにした「ビジネスライトノベル」
  • 主人公とともに基礎を学ぶ事で、あなたも「経理の仕事」を理解できます。
  • 図表や、用語解説もふんだんに入っており、引っかかりなくスラスラ読めます。
  • ポイントは「日葵のノート」としてまとまっており、自然と整理されて頭の中に入ってきます。
  • 著者は実力派ビジネスコンサルタント。執筆した経理・経営関係のマニュアル冊子やビジネスセミナーはわかりやすいと評判。

登場人物

夏野日葵 夏野日葵(なつのひなた)… 21歳。商業高校卒。栃木県の東部でスイーツを手がける菓子メーカー、渡辺食品(株)の入社3年半の営業事務。ようやくヘマをやらかすことも減ってきて、得意先からも信頼を得られるようになった矢先、突然社長から経理への転属を申し付けられる。
春乃さん 山口春乃(やまぐちはるの)… 日葵の前任となる経理担当。チューターとしてやさしくきびしく日葵を導く、本書の影の主役。日葵を社長へ推薦したのも彼女。2ヶ月で退職する。
社長 社  長… 渡辺食品(株)の創業社長。強引に日葵を経理の仕事に就ける。名前は渡辺大介(わたなべだいすけ)。
加藤(かとう)税理士… 渡辺食品(株)の顧問税理士。
秋元友美(あきもとともみ)…春乃の中学以来の友人。別の会社で経理を担当している。

目次

はじめに

プロローグ 

―明日から経理―

第1章 経理の役割と仕事 

―経理の仕事は積み重ね―

  • 1 経理の役割と仕事
  • 2 経理業務のサイクル
  • 3 経理のルール

第2章 日々の経理のポイント 

―経理のファーストステージづくり―

  • 1 領収書の整理・保管の方法とは?
  • 2 どのような帳簿を用意するのか?
  • 3 「伝票」っていったい何種類あるの?
  • 4 「小切手」って何?
  • 5 「手形」とは何のこと?
  • 6 預金の管理はどうするの?
  • 7 売上の管理方法とは?
  • 8 仕入はどのように管理するの?
  • 9 減価償却って、何?
  • 10 棚卸は何故行うの?
  • 11 借入金ってどう処理するの?
  • 12 給与の計算と支払いのポイントは?
  • 13 製造原価って、何?
  • 14 会社の税金、こんなにあるの?
  • 15 資金繰りって、どうするの?

第3章「簿記」の仕組み 

―経理の金科玉条 ―

  • 1 簿記って、何だろう?
  • 2 簿記の流れ
  • 3 資産、負債、純資産、収益、費用について
  • 4 貸借対照表とは何か
  • 5 損益計算書とは何か

第4章 「仕訳」

―経理のコックピット― 

  • 1 仕訳って何?
  • 2 取引の2面性
  • 3 仕訳のルール
  • 4 仕訳帳と総勘定元帳

第5章 「決算書」の作成 

―いよいよ!― 

エピローグ 

―ゴールを越えれば、そこからスタート―

おわりに

著者

林忠史(はやしただし)

中小企業経営をフィールドに大人気のビジネスコンサル。著書や講演は「わかりやすい」と大評判!

略歴:昭和31年群馬県出身 昭和53年明治大学商学部卒業 リース会社、大手会計事務所を経て、現在は有限会社マス・エージェント代表取締役。

著者紹介:人事管理、経営管理など中小企業の乖離事業支援を行う傍ら、社員研修・実務セミナー講師として活躍。主に中小企業における経営手法、財務戦略など指導実績を積み総合コンサルティング業務を展開。ISOコンサルティング(9000S、14000S)も手がける。


NMR経営実務研究会(にほんまねーじめんとりさーち)

実務経験豊富な中小企業診断士、税理士、および経営コンサルタントによって構成された専門家ネットワーク・研究グループ。

略歴:昭和46年5月設立

著者紹介:㈱日本マネージメント・リサーチ(NMR)は「中堅・中小企業経営者への幅広い情報の提供を通じて、地域経済に貢献する」を経営理念とし、経営実務研修会・人材育成研究会の企画・講師派遣事業を中心に展開している企業。
その「経営実務研究会」は実務経験豊富な中小企業診断士、税理士、および経営コンサルタントによって構成された専門家ネットワーク・研究グループ。

書店様ご注文承ります。

 書店様用に注文票のpdfを用意いたしました。pdfをダウンロードの上、 用紙に必要事項をご記入お願いします。ご予約・ご注文は用紙記載の宛先にファクスにてご送付ください。

 

ご予約・ご注文承ります

特集ページ

ベストブックの新刊

サイトコンテンツ