記事(一部抜粋):2015年8月号掲載

社会・文化

福永法源「映画制作費」の出所

詐欺で集めたカネはどこに?

 法の華三法行なる新興宗教を主宰し、信者などからお布施と称して巨額の金銭を騙しとったとして2000年に詐欺容疑で逮捕され懲役12年の実刑に処せられた福永法源(本名・輝義)。「最高ですかあ?」「最高でーす」の掛け合いや、「足裏診断」などの奇抜な活動でマスコミにも度々取り上げられていたので、憶えている向きも少なくないだろう。
 その福永が、未決を含めた15年近くの獄中生活を終えて出所したのは昨年3月。以来まる1年間、人目を避けるように身を潜めていたが、自身の70回目の誕生日でキリスト復活の日でもある今年4月5日、港区高輪のTKPガーデンシティ品川で「復活祭」を開催し、15年ぶりに公の場に姿を現した。会場には600人ほどの信者らが集まり、大盛況だったという。
 その福永が目下、最優先で取り組んでいるのが「映画製作」だという。社会的に制裁を受け、懲役も終えた者が何をしようがもちろん自由なのだが、気になるのはその映画制にかわる費用。
 福永は逮捕される2000年までに信者などから870億円をかき集めたとされ、本人によればそれらはすべて宗教活動に使ってスッカラカンだというのだが、「実は相当な金額を隠し持っている」(捜査関係者)と疑う声は多い。詐欺被害にあった元信者たち(にとっても気になるとところだろう。
 福永がつくろうとしている映画は「THE HOGEN 日本の夜明け」(仮題)。福永の取り巻きの一人(Xとする)が言う。
「福永氏自身の自伝的映画です。クランクインは8月で、クランクアップは12月。公開は来年初めからの予定です。福永氏は満を持してこの企画に取りかかっています。ただし、人には知られないようにね」
 人知れず映画を撮ることが果たしてできるのかという疑問はさておき、“企画書”には監督、スタッフ、キャストなどの実名が書かれている。
(後略)

 

※バックナンバーは1冊1,100円(税別)にてご注文承ります。 本サイトの他、オンライン書店Fujisan.co.jpからもご注文いただけます。
記事検索

【記事一覧へ】

ベルダ編集者ブログ

編集者ブログ 最新3件

千曲川源流ツーリング&登山

by kh 2019/11/04

高尾山ビアマウント

by kh 2019/09/09

御嶽山・焼岳ツーリング&登山(3日目)

by kh 2019/08/15

>>Read more