記事(一部抜粋):2011年3月掲載

政 治

菅政権が続いている本当の理由 前原にも岡田にも致命的欠陥が

【永田町25時】

「菅政権は風前の灯火」という声が高まっている。3月末にも予算関連法案の成立と引き換えに首を差し出さざるを得ない。いや一か八かの解散に打って出る。マスコミばかりでなく、国会内でもそうした見通しが語られている。
 理由の第1はねじれ国会を克服する手段がないこと。第2は20%を割るところまで落ち込んだ支持率。第3は小沢一派による引きずり降ろし工作だ。統一地方選を控え、民主党内では惨敗を避けるための代表交代を求める声が日増しに強くなっている。
 かつて自民党政権の時代には、こうした状況に陥った政権は、まずもたなかった。近くは森、福田康夫、麻生政権。しかし菅の場合は事情が異なる。ポスト菅の決定的な候補がいないのだ。
 長期になった中曽根政権や小泉政権でも、この人ならと誰もが思う後継候補がなかなか浮上しなかった。現在の民主党もそう。誰がなっても、民主党政権のままなら、ねじれの克服も米軍基地移設問題の解決もできない。それが超低空の菅が延命している本当の理由だ。
 外相の前原誠司や幹事長の岡田克也がいるではないかと指摘する向きもあろう。現に政権最大の実力者である仙谷由人は、菅の行き詰まりを見越し、3月にも前原を首相にする構想を描いた。だが思わぬ事態が発生する。前原の致命的ともいえる欠陥が指摘されたのだ。それは「北朝鮮のハニートラップにはまった過去がある」(公安筋)というものだった。
 前原は京都府議時代と国会議員になった後の2回訪朝している。府議時代は「日朝友好促進京都府議会議員連盟」に所属。いずれの訪朝も朝鮮総連やその関係企業が関わっていた。ハニートラップにかかっていても、証拠がなければ首相に不適格と簡単にはいえない。故橋本龍太郎のように、中国のハニートラップが首相就任後に明らかになった例もある。だが公安関係者は次のようにいう。「朝鮮総連、それに韓国の公安筋に証拠の写真やテープがあるという情報がある」。事実なら、前原は首相になれない。
 大阪府警公安筋によると、前原を敵とする小沢一郎が強制起訴3日前の1月28日夕方、京都市内の料亭で指定暴力団・会津小鉄会の最高幹部と2時間近く会談している。目的は「前原に関する極秘情報の入手ではないか」(同筋)という。かくして仙谷も、前原を諦めた模様だ。
 もう1人の岡田はどうか。仙谷が官房長官を辞めて党に戻った後、折り合いがすこぶる悪い。「原理原則」の岡田に政権をとらせたら、仙谷の影響力は揺らぐ。しかし民主党内を見回しても、仙谷が嫌う岡田を首相にするために菅を倒そうとする動きをする議員はいない。(後略)

 

※バックナンバーは1冊1,100円(税別)にてご注文承ります。 本サイトの他、オンライン書店Fujisan.co.jpからもご注文いただけます。
記事検索

【記事一覧へ】

ベルダ編集者ブログ

編集者ブログ 最新3件

ビール女子と往くサントリー 東京・武蔵野ブルワリー

by kh 2017/11/13

シェアハウス

by kh 2017/11/04

牛乳マン

by kh 2017/10/25

>>Read more